青い流星 C改

金森まりあ

205系600番台これまでの振り返り 湘南色編その2

 残りの4編成も振り返っていきます。今回はY1編成から。

 

 Y1は2013年7月1日の出場。番号的には600番台のトップナンバーを冠していますが、600番台は種車の編成番号が偶数番だと−1、奇数番だと+1になるように改番されたので、このY1は元ケヨ2編成となります。写真は出場翌月に日光線の運用に入る姿。2週間後に宇都宮線での営業運転も控えています。

 

 黒磯駅1番線を発車する宇都宮線デビューしてまだ間もないY1。まだ構内直流化の話もそこまで話題になってなかった頃で機待線には直流ELがいます。1番線の上り方にデッドセクションがあったため、1番線に発着する列車は到着直前、発車直後に車内の照明が消えるのが特徴的でした。

 

 2パン上昇後のY1。これといった特徴もなかったY1ですが、1番という番号的に撮れたり乗ったりするときに少し嬉しくなる編成ではありました。

 

 2015年3月より本物の出会い栃木キャンペーンに伴い、この年の前にY8に施されていたゆるキャララッピングを更に派手にした、とちキャラーズラッピング編成となりました。600番台で腰部にもラッピングが施されたのは初となりました。このラッピングは遠目で見てもだいぶ目立っていましたね。

 

 代掻きを終え田植え待ちの水田の傍をゆくラッピング時代のY1。このラッピングは翌年1月まで続きました。

 

 ラッピングが剥がされて少し経った頃のY1。カシオペアを撮りに来ており、雪晴れを狙えるかと思いきや気温が上がり過ぎてこの有様。霧が出るほどなので午後には雪も無くなってました。そしてこの頃から宇都宮方のJRマークが消え始めてますね。

 

 2016年12月に撮影したY1。床下が綺麗めなので検査明けからそれほど経ってない頃でしょうか。JRマークも復活しています。

 

 引退1週間前のY1。JRマークが死にかけです。この編成に限ったことじゃないですが、末期はスカートの塗装が一部剥げてる編成が何本か見られましたね。

 

 

 

 Y9編成は2013年7月末に出場。600番台メルヘン顔では最後の出場となり、8月下旬の黒磯までの営業運転開始前に日光色4編成、湘南色6編成の計10編成が出揃いました。しかし211系の運用は205系が運用入りした後もまだ2運用残っていました。メルヘン顔の205系はこのとき既に武蔵野線用の編成しか残っておらず、この時点でどのようにして211系の運用を置き換えるかは憶測の域を出ませんでした。

 

 小金井行きのY9。パンタを2丁上げ始めた頃です。

 

 

 何のせいか忘れましたが、氏家以南運転見合わせにより氏家折り返しの上り列車として運転されたY9。氏家幕を撮れたのはこのときだけでした。同じ日に運用が乱れて小山の運用に入ってた国府津の233系がこれまた黒磯ローカルでのダイヤ乱れで205系の運用に入っていました。

 

 

 黒磯方にとちキャララッピングのY1を従えるY9先頭の8連。この頃は北斗星が無くなり虚無になりながら撮ってましたね。

 

 

 今度は矢板の表示を出すY9。矢板駅での撮影なので、折り返し待ちで幕を回す前の様子です。メルヘン顔のイレギュラーな行先は何故かY9ばかりですね。この時は送電系統か信号の不具合だったと思いますが、那須方面に出かけていたので、西那須野から代行バス矢板まで来て、この矢板始発のY9に乗り込みました。隣のY7は矢板1番に入ってしまったので、折り返すことも出来ず再開を待つのみでした。

 

 定番ポイントでのY9。14系500番台の譲渡甲種待ちでした。

 

 そして末期1年のY9はほとんど運用に入らない日々が続き、稼働しても数ヶ月に一度とかそんなレベルでした。走行距離調整の関係かと思われますが、Y9だけ極端に距離が多かったんでしょうかね?

 

 そんなこんなで205系最終日、黒磯からの205系最終営業列車の運用に入っていたのがY9でした。そしてY9が自分にとっての205系最終乗車の編成となりました。いろはであるY3以外だと地元に帰ってきてからの半年で日光色を含めても最も乗れていなかった(1回)ので、いい締め括りになったのかなと思います。

 

 

 続いては原型顔の2編成です。

 

 600番台初の原型顔となるY12は2014年2月の出場となります。今までの10本と違い、元埼京線用の原型顔編成が種車の600番台として初めて姿を現しました。原型顔205系に新たなカラーバリエーションが加わった、しかも近郊型電車で王道の湘南色となり、当時は「噓電の具現化」等々話題となりました。

 登場時既に600番台が黒磯までの営業運転を始めていたものの、今までの例に漏れずY12は日光線から営業運転入り。黒磯運用に入ったのは3月に入ってからでした。

(写真の使いまわしごめんなさい)

 

 初めて黒磯運用に入ったのがパンタ2基上昇が定位になる直前だったので、Y12の1基のみ上昇時の写真自体が少ないですが、8連に入る姿はギリギリ撮影していました。1基上昇時代の混色8連の次くらいに実現回数は少なかったと思われます。

 

 黒磯デビューした翌月のY12を矢板にて。床下はまだ綺麗ですがパンタは2基上昇しています。

 

 宇都宮駅でのY12。登場前まで東京の電車だと思ってただけに、まさかこの顔が日常でお世話になるとは思いもしませんでした。ちなみにY12は600番台で初めての内扇モーター搭載車でした。

 

 1枚目と同じ場所で撮ったY12。およそ3ヶ月後ですが、その間にパンタは2基上昇が定位になり、橋梁は補修の上塗り替えられ、2枚を比べても変化に富んでいることがわかります。

 

 2016年の大宮鉄道ふれあいフェアにて車掌体験に使われるY12のクハ205。那須塩原表示や日光線内各駅の表示など珍しい表示も見ることが出来ました。

 

 最後の1年のGWに撮影したY12先頭の8連。17年から昨年夏までは地元を離れてたのでその間の記録はほぼ無いです。離れていた間に原型顔の顔色は悪くなったように思います。Y11の宇都宮方は極端ですが(

 

 試運転の131系TN1編成と並ぶY12。ラスト1年のY12はJRマークも消えかかっています。ライトの色が対照的ですね。

 

 そして引退までの1ヶ月、Y12に前後それぞれ異なるヘッドマークが付けられました。正直ヘッドマークが付かなかったら付いてない他の編成の末期も記録していたかすら怪しいので、記録には難儀しましたが付いてくれてよかったとは思います。2017年初頭以降の記録が絶望的になかったので...。

 

 同じ日の黒磯方のヘッドマーク。マークが付いてから改正までの数少ない土日ではやはり記録がとてもしにくかったです。

 

 

 そして600番台で最後に登場したのがY11。2014年3月の出場となります。Y11は600番台で唯一登場時からパンタ2基上昇が定位となっている編成でした。登場時はY12と同じく内扇モーターでした。

 

 8連の宇都宮方のY11。この時は後ろも原型顔のY12でした。右に写り込んでるモーターカーが東日本カラーの400Aで時代を感じます。

 

 下り8連の先頭に立つY11。全検明け最初の運用で黒磯まで来たEF66 27のついででしたがこれ含め普通電車も満足できる記録になりました。朝の下りで順光になるポイントが少ないので。

 

 矢板表示で走行するY11。決して誤表示などではなく、矢板以北で何らかの理由で運転を見合わせていたための措置です。この後実際に使用しているY9の矢板幕も撮影出来てますが、原型顔のイレギュラーな行先表示は実際に使っているところだとこのY11くらいですね。しかも路線名と交互表示のため、走行中に行先表示で来てくれるかは運次第なのによく沿線で撮ったなとは思います。

 

 定番ポイントでのY11。この頃何故かY11の記録ばっかでY12がほとんど記録出来てませんでした。まだ宇都宮方の前面帯が綺麗ですね。

 

 最後の1年の日光色との混色が来ても話題にならなかった頃のY11先頭混色8連。原型顔先頭の混色の記録がなかったので個人的に嬉しい記録となりました。

 

 そして末期のY11先頭8連。宇都宮方の前面の緑がお亡くなりになった姿を順光で撮れたのはこのときくらいでした。生き生きしてる姿の頃の記録が潤沢なので末期のこの姿に食指が向かなかったってのはありますね...。

 

 

 ...とまあ各編成の振り返りは以上となります。記事を書くに当たってこれまで撮影した写真を記事に載せてない分も含めて振り返ってみましたが、205系以外でもこんなの撮ってたんだーっていうのがしばしばあって面白かったですね。機会があればその辺も記事にしてみたいですね。というか205系自体がメインじゃない撮影の方が多いので...。

 いちばん多かった2014年~2016年の記録がほとんどなのはお許しください。

 

 気が向いたら後編も書きます。

205系600番台これまでの振り返り 湘南色編その1

 続いては湘南色を出場順に4編成振り返っていきます。まずはY8編成から。

 

 湘南色編成で初めて本線に姿を現したY8は、600番台日光線デビューの9日前に東京総合車セを出場。改正当日に臨時回送にて宇都宮にやってきたと思ったらまさかの日光線の運用入り。出場間もない湘南色編成による初日からの日光線運用の代走はファンをざわつかせました。

 

 2014年春にはY8に県内各地のゆるキャラが描かれたラッピングが貼り付けられました。600番台湘南色のラッピングは、沿線自治体の花のイラストがラッピングされたY5に続き2例目となりました。

 

 晴れるとこのラッピングはだいぶ目立ちました。8連で非ラッピング編成とペアを組むとその差は歴然です。このラッピングは2015年の年始頃まで続き、翌年度はY1に新たにとちキャラーズとしてゆるきゃらラッピングが施されました。Y8よりもさらに派手なラッピングとなりましたが詳細はY1の振り返りの際に。

 

 2015年の改正当日のY8。この日から列番1500番台を上野東京ライン系統の列車に譲り、黒磯ローカルの列車は600番台になりました。

 

 2016年2月に257系幕張車による氏家雛めぐり号が運転された日のY8。この数ヶ月前に優先席ステッカーが貼り替えられ、現在のものとなりました。

 

 そして引退直前のヘッドマークが付いた姿。8連をとらえたのはこの時だけでした。

 

 黒磯方のマークは駅名が書かれたものでした。片岡駅はありませんでしたが...。

 Y8含め末期にヘッドマークが付いた編成といろはのY3は有料撮影会の被写体となったそうです。

 

 Y7はY8よりも少し遅いものの改正前の出場。この時は宇都宮構内にいましたが訓練なのか日光線運用の間合いなのか?今となっては思い出せません。Y8、Y7に限らず他にも宇都宮線でのデビュー前に日光線にて営業運転を始めている湘南色編成はいました。

 

 2014年の元旦に撮影したY7。まだ寝台のついでに撮ってた頃ですね。

 

 宇都宮で到着直後の宇都宮線130周年号と並ぶY7。この時は訓練用になっており、幕が宇都宮線になっているほか、それを示す紙が掲出されていたり、オリジナルの編成番号の上にU15という訓練用の編成番号が貼られていました。ちなみにU15編成は231系の付属編成で実在します。

 

 引退1週間前に撮影したY7とY6のペア。末期とはいい最後の1週間ですら混色が常態化していました。そしてこの後引退まで1週間もないギリギリにきてY7に変化が訪れます。

 

 ヘッドマークが付いたのはY2、Y8、Y12の3本だけ...かと思いきや、Y2に付いてたものが3日間だけY7に付けられて日光線で運用されました。Y2が都合により一時運用を離脱したことによる措置かと思われます。僅か3日間だけのレアな姿でしたが、出退勤時にカメラと行動をともにすることで記録することが出来ました。

 

 

Y4は3編成目の湘南色として2013年3月末に出場。宇都宮線での営業運転初日に8連の黒磯方に入りました。写真は黒磯の電留線からの出庫運用に入るY4。この頃は宇都宮線の宇都宮行きでも稀に日光線仕様の幕で入ることもありました。719系含め交流車と直流車の並びも過去のものですね。E131系は黒磯に入る普通電車で初めて交流車と顔を合わせることのない車両となりそうですね。

 

 片岡駅の旧跨線橋とY4。この月に仮駅舎に切り替わり、旧駅舎の解体が始まりましたが、跨線橋は1年後の橋上駅舎開業まで残りました。

 

 8連の先頭に立つY4。自分の片パン時代の8連の記録は少なめです。

 

 2014年9月撮影のY4です。床下の一部が塗り直されていますが、この頃は検査明けでした。そしてこの時の検査でモーターが内扇になり、当時原型顔2編成のみだった内扇編成にY4が加わりしばらく3編成となりました。よってY4はメルヘン顔の600番台では唯一内扇モーターを搭載したことのある編成になります。なお2016年頃はY11とY12どちらも外扇になったため、内扇がY4だけの時期がありました。

 

 その2016年のY4ですが、3月~6月頃にかけて、本物の出会い栃木キャンペーンの一環で、とちぎ百花繚乱ラッピングが施されました。これは一時期Y5に施された花ラッピングを更に発展させたようなもので、沿線以外の県内自治体の花も詳細に紹介されているものでした。Y1のとちキャラーズラッピングと同様腰部にもラッピングが施されました。Y4のラッピングは、これまでのY8、Y5、Y1のラッピングと比べ期間が4ヶ月と短かったですが、撮る機会には恵まれました。

 そして気づいたらモーターは外扇に戻ってました。

 

 Y5は4月の出場。営業に入る前は宇都宮駅構内で訓練用か疎開か忘れましたが顔を出してました。この編成は、ラッピングされたりクハ204の前面幕が一時期故障して幕が固定されたりと、特徴ある編成でした。

 

 2014年3月から年末にかけて、Y5に運用線区沿線の市花、町花のイラストがラッピングされました。205系600番台では日光線の恒常のものを除いて初めてのラッピング編成となりました。

 

 運用入りからまだ1ヶ月と少しのY12とすれ違う花ラッピング時代のY5。211系が撤退してローカル運用が完全に205系に移行して間もない頃です。

 

 片岡駅ツツジとY5に貼り付けられた矢板市の市花のツツジのラッピング。片岡駅の象徴でもあったツツジは毎年5月が近くなると綺麗な花を咲かせていましたが、残念ながら線路際にあるものは一昨年に切られてしまったようです。

 なおY5の花ラッピングはこの年の末頃に剥がされました。

 

 

 小金井でいったん入庫する運用に入るY5。この頃はまだ幕は正常ですね。いつの間にか上り小金井行きの列車はなくなり、宇都宮から回送となりました。

 

 2016年の初夏頃からか宇都宮方の前面幕が宇都宮線で固定され始めたY5。最初は設定ミスかと思いましたが、側面と黒磯方は通常通り行先を表示してたので宇都宮方の前面のみ故障と推測できました。基本的には宇都宮線幕で固定されてました。

 

 8連の先頭でもお構いなしに宇都宮線幕で先頭に立つY5。この頃はY5が8連の宇都宮方に来るときを狙って宇都宮線幕の8連を撮れたのがよかったですね。事情を考えると良いとは言いにくいものの貴重な記録となりました。

 

 こんな時もありました。普通幕で走ってるのを撮れたのは後にも先にもこの時だけです。この辺は乗務員の趣味だったんですかね?よく見ると先頭に便乗してる乗務員が林檎の端末で撮影してますね。ちなみに無地の白幕も撮った気がするのですが気がするだけなのか記録が見つかりません(汗

 

 引退1週間前に宇都宮で並ぶY4とY5。Y5のほうは日光線の間合いですね。このくらいの時期になると駅でも沿線でも205目当てのマニアがそれなりの数集まってましたね。

 

 流石に写真多過ぎだと思うのでこれくらいにしときます。次回の4編成もこれ並かそれ以上になるかと思います。これでもほんの一部なので()

 

つづく

205系600番台これまでの振り返り 日光色編

 だいぶサボってたうちに改正は過ぎ去り3本長野へ廃車回送されてしまいました。既に解体されているようです。いざ自分がお世話になった電車が解体されているのを見ると心にくるものがありますね。

 さておき、ここから登場順に4編成ずつ写真とともに振り返っていきます。登場順なので今回は日光色編成の4本となります。

 

f:id:aoruchan501_1201:20121124134744j:plain

 600番台初の出場車のY10です。日光線での営業運転開始前は試運転で宇都宮線でも頻繁に見られた編成でした。写真は初めて本線試運転を行ったときに宇都宮駅で撮ったもの。600番台として登場した年だけみれば今年で10年ですって。シンデレラガールズのほうが長いのが少しびっくりですね。

 

f:id:aoruchan501_1201:20130316121427j:plain

 こちらは営業運転初日のY10。107系では1編成ごとに異なる日光の名物や観光地の絵柄シールが貼られていましたが、205系では1編成の前後2両で1種類ずつ貼られています。Y10は三猿と神橋です。

 

f:id:aoruchan501_1201:20150111091643j:plain

 2015年1月には宇都宮線の運用に入り、Y9編成との8両編成が実現。

 

f:id:aoruchan501_1201:20150112143653j:plain

  翌日には単独での宇都宮線運用も記録。先の記事にある試運転の写真と同じ場所で、2年ぶりに同じ場所での記録が出来ました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20151225132158j:plain

 2015年はY10の宇都宮線運用は、少なくとも改正前と改正後で2回実現しています。この年の改正では上野東京ラインが開通し、線内で完結する宇都宮線中距離列車の番号が、これまでは500~600番台だったところ、500番台で完結するようになり、黒磯運用の番号がこれまでの1500番台から600番台に変更されました。Y9と併結していたときはまだ1500番台でしたが、このときは12月なので、600番台となっています。

 

f:id:aoruchan501_1201:20160917133318j:plain

 2016年9月の小山車セ公開のときの一コマ。下野大沢幕が目を引きます。205系の下野大沢幕といえば、登場時に幕を目撃された時は、ローマ字が「Shimo"no"-Osawa」と誤った表記で話題となりましたが、ほどなくして「Shimo"tsuke"」に修正されています。

 撮影したときは開設50周年ということで久々に公開されたときです。今年の3月下旬には205系600番台の引退を記念して有料の撮影・検査体験のイベントが開催されるようです。昨今の情勢から人数を絞って有料での開催になるのは仕方ないことですが、結構いいお値段するので参加しようかは考えてしまいます。でも定期運用終了後にこうしてイベントを催してくれるだけでもありがたいことではありますね。

 

 続いてはY3編成です。探してみましたがこの編成の記録は極端に少ないです。

 

f:id:aoruchan501_1201:20121209114621j:plain

 Y3はY10の1か月後の11月に出場しています。2012年に登場している600番台の2本のうちの1本です。こちらもステッカーなし日光色の数少ない記録になります。宇都宮駅での撮影ですが、このときはE653系の付属編成が宇都宮駅に来ていました。おそらくこの2ヶ月後に運転される氏家雛めぐり号の訓練だったのでしょう。ご存じの通り現在は1000番台となって日本海側の特急として走っており、この姿は見られなくなったので、貴重な記録となりました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20130316140435j:plain

 デビュー当初はヘッドマークをつけていました。左隣のY8は先の記事でも述べた通り日光色1本の故障によるピンチヒッターです。

 

f:id:aoruchan501_1201:20150718120652j:plain

 宇都宮でのY10との並び。この時は宇都宮線130年号のついでです。

 

 通りすがりで撮った黒磯運用のY3。撮影向きの場所じゃないのでごちゃごちゃしてますが数少ないY3の黒磯運用ということで。

 

f:id:aoruchan501_1201:20161130070043j:plain

 2016年の11月末に宇都宮線の運用に入っており、その際に8連運用の先頭に立つY3を記録していました。この頃は日光色の代走が年数回単位しかなく珍しかったこともあり、平日で遅刻しない程度に無理して撮った記憶がありますが、多少無理して正解でした。いろはに改造される前の自分のY3の記録はこれが最後です。

 

f:id:aoruchan501_1201:20180502101351j:plain

 2018年には栃木DCにあわせ日光色のうち1本が観光列車のいろはに改造されることとなり、Y3がそれに選ばれました。日光線にいろは用に運用が組まれ、定期運用終了まで基本的に固定運用に入っていました。この写真を撮った日に乗っているはずですが、車内の写真は見当たらず。

 

f:id:aoruchan501_1201:20180630145029j:plain

 いろはに改造された後も、2回だけ宇都宮以北の宇都宮線への入線を果たしています。初回は2018年6月に栃木DCに伴い那須塩原で展示された時ですが、写真はその返却回送の際のもの。2回目は2020年12月に試運転で入線しているようです。いろはとなってからは、キハ110のような2ドアで3列の固定ボックスシートという車内構造も相まって、ラッシュ時間帯の客さばきには適さず、日光線の固定仕業以外に入ることはあっても宇都宮線の運用に入ることはありませんでした。

 

次はY6編成。

 

f:id:aoruchan501_1201:20130316074622j:plain

 Y6は2012年12月の出場になります。初めての記録はデビュー初日。この後の直通以外での日光線としての記録はこれくらいです。

 

 末期1年はよく黒磯運用にも入ってました。これは昨年のGWのとき。後ろのY11はこの日ヘッドライトが片側球切れしていました。

 

 地味に撮りたかった直通日光幕でしたが、入線時には幕回しして既に普通の日光行きになってることがほとんどでした。改正前最後の土曜勤務で電車の時間が異なり宇都宮で撮る時間が出来た際、運よく着いてからの幕回しだったので記録することが出来ました。

 

 改正1週間前のY6。ギリギリまで黒磯運用に入ってたものの最終日は日光線運用で落ち着いたようです。

 

 

 続いてY2。デビューより少し前の2013年2月の出場です。初めて乗車した600番台がこのY2でした。このときはまだモケットが京葉線時代の青のままでした。

 

 1年目にして黒磯運用にも入ったY2。片パンでの代走はこのときだけでしょうかね??

 

 昨1年だけでも4回程度は実現している日光色8連、自分が撮れたのは9月のY2+Y10の一度だけ。それも仕事前に無理やりって感じな上に雨なので中々思うような記録が出来ませんでしたが、記録できただけでもよしとするべきですかね。

 

 ラスト1ヶ月では日光色唯一のヘッドマーク取り付け編成になりました。宇都宮では同じくヘッドマークの付いたY12との並びも。

 

 ヘッドマークは3編成とも両先頭車で全て別デザインのものが付けられ、計6種類ありました。掲出期間が僅か1ヶ月でいてこれですから全部は記録出来ないんじゃないかと思いましたが、カメラとともに出退勤することで何とか全て記録することは出来ました。

 

 日光線にあまり縁がなかった自分にとっては、日光色編成に関しては宇都宮駅で撮ったものや黒磯運用代走での記録がほとんどなので、湘南色よりは記録も乗った回数も少なめです。ラスト1年は走行距離調整の絡みなのか宇都宮線でも頻繁に乗ることができましたが...。

 次は学生時代に頻繁に撮る乗るを繰り返した湘南色編成を振り返っていこうと思います。

205系600番台これまでの振り返り 前編

f:id:aoruchan501_1201:20170319073839j:plain

 いよいよ小山の205系定期運用終了まで残り1ヶ月となりました。拙い出来の写真も多々ありますが、205系が栃木で活躍した9年間を振り返っていきましょう。

 

 

f:id:aoruchan501_1201:20121124122147j:plain

 初めて205系600番台が本線上に姿を現したのは2012年10月。Y10編成が初めての出場車でした。前月の9月に日光線宇都宮線205系が投入されることが発表されていました。発表前から4連に短縮され、直江津や下新田などに疎開されていたことから、様々な噂がネット上を彷徨っていましたが、日光線宇都宮線に転用されるという噂は当時中学生の自分は信じておらず、「あの205系が地元に来るわけないやろ」などと思っていました。205系という電車自体栃木に無縁だったので、ここにきて栃木に活躍の場が出来るとは思ってもいませんでした。

 写真は初めて本線試運転を行った出場翌月の11月。中学生ながら目撃情報を掴んだ時は慌てて日光線に行ったのを覚えています。

 

f:id:aoruchan501_1201:20130112153703j:plain

 12月には宇都宮線での試運転も開始。地元片岡での写真も撮ってました。当時はまだ旧駅舎と跨線橋があり、西口も整備されていません。

 

f:id:aoruchan501_1201:20130113141605j:plain

 日光線色は出場~営業運転開始までの間、路線名と日光の観光名所が描かれたステッカーは貼り付けられておらず、帯のみの姿は試運転の時のみ見られた貴重な姿となりました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20130316085606j:plain

 そして2013年3月改正で日光線107系を置き換えデビュー。Y3編成にヘッドマークが付けられました。宇都宮駅では出発式も開催されました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20130316100600j:plain

 導入当初の車内の様子です。現在はモケットが赤色に替えられていますが、その前の元京葉線編成は205系では珍しい青モケットでした。600番台となった後もしばらくはこの青モケット(元埼京線車は緑)のまま運行されていました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20130316135236j:plain

 改正直前には湘南色のY8編成が東京総合車セから出場。改正当日には9000番台列番の回送にて宇都宮に入線。電留線で早速ヘッドマーク付きのY3編成と並んだと思ったら、その後まさかの日光線営業列車として運用入り。帯色以外は同仕様といえ、出場して間もない湘南色編成による、そして営業運転初日からの代走は大きな話題となりました。その後も湘南色編成による日光線代走は度々続くことになります。

 

f:id:aoruchan501_1201:20130824053604j:plain

 その後も湘南色編成は増え、8月には宇都宮~黒磯間でも営業運転が始まりました。それまで走っていた211系の5両+5両の10両編成は見納めとなりました。見苦しい写真ではありますが、宇都宮線205系営業初列車、そして2編成を連結した8両編成の営業初列車も記録しています。

 

f:id:aoruchan501_1201:20220211180823j:plain

 黒磯への進出により、これまで仙石線以外ではなかった交流区間の電車との並びも日常に。現在は719系も引退し、さらに黒磯駅構内直流化により、701系E721系との並びも見られなくなっています。

 写真のように、稀に宇都宮線の宇都宮行きでも日光線仕様の幕が出されることもありました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20140208095446j:plain

 数か月間だけ宇都宮以北で211系との共演も見られました。この時は片岡駅が新駅舎建設のため、旧駅舎が供用される最後の日でした。翌日からは1年間仮駅舎で営業されました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20140126090817j:plain

 旧駅舎の頃の片岡駅と営業運転に入る205系が同時に見られたのは僅か半年でした。半自動の案内に使われてる写真が211系だったり、まだ両毛線からの107系が来ていた頃なので、手動扱いの案内も貼られています。

 

f:id:aoruchan501_1201:20140222093622j:plain

 2014年2月には日光色編成が初めて宇都宮線の運用を代走。この時は自分は撮れませんでしたが、朝の8両運用では、湘南色との混結編成も見られたようです。

 

 

f:id:aoruchan501_1201:20140311152120j:plain

 そして同じく2月、埼京線用編成を改造したY12編成が出場。一般的な205系の顔に湘南色を纏った姿はまさにウソ電そのものと話題になりました。プラレール的には「ニューかいそくでんしゃ」といったところですね。月末には日光線で営業運転を開始。3月に入りほどなくして宇都宮線の運用にも入り、宇都宮線の顔のひとつとなりました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20140319123712j:plain

 そして2014年3月改正の後くらいから、早朝の日光線以外霜取り用の第2パンタを上げる編成が増えていき、4月には全編成パンタ2基上昇が定位となったようです。よって片パンタの日光色代走や原型顔編成は貴重な記録となりました。

 

 

f:id:aoruchan501_1201:20140503065600j:plain

また、600番台最後の増備車であるY11編成が出場し、改正から10日後には、211系が黒磯運用から撤退し、黒磯口の211系の運用が完全に205系へと置き換わりました。Y11編成は、出場時からパンタ2基上昇が定位だったようです。

 2012年秋のY10編成登場から1年半弱、4両編成12本が出揃った205系600番台ですが、自分がこの年の4月から高校に進学するにあたり通学で電車を使うこととなり、全編成が出揃ったタイミングで本格的に205系600番台と長い付き合いが始まることとなりました。

 

続く

 

 

2021年の振り返り 後編

f:id:aoruchan501_1201:20211231172928j:image

 7月に引越して実家に帰還。飽きたらまた独り暮らしするかもしれませんが、少なくとも東京暮らしとはおさらば。14平米にさようなら。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231140008j:image
f:id:aoruchan501_1201:20211231140004j:image

 7月末にはきたもとに参加。HU300とむつみは自分ではなく砂川氏の作品です。運転会後はやは邸に転がり込み(n回目)、しょうもない遊びでゲラゲラ笑いながら夜更かししていたと思います。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231140332j:image
f:id:aoruchan501_1201:20211231140335j:image

 実はこんなものも作りかけていました。情景パーツとしてもあって損はないと思います。誰か代わりに作ってください。

 

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231140615j:image

 今年度は小山の205系ラストイヤー。年が明けたらいよいよ残すところ3ヶ月弱です。今年は改正以降日光色が黒磯運用に入ることが常態化し、日光色と湘南色の混結は勿論、オール日光色の8連も何度か見ることが叶いました。自分が撮ったのはこの時の1度きりですが、引退までにもう一回は撮りたいところです。

 

 そしてシンデレラガールズの10周年アニバーサリーツアーライブが9月の愛知公演より始まるはずでしたが、残念ながら感染症拡大の影響で延期。いつになるかわからぬまま、福岡公演については特に延期の情報はなく、その日を迎えることになります。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231141257j:image

 そして待ちに待ったツアー開幕。福岡公演が予定通りの開催となったことで、当初の予定と変わって福岡公演からのツアースタートとなりました。久々の現地ライブ、とても楽しかったですが、現地に遺した忘れ物の大きさは計り知れません。それとは別に、自分が現地で観覧したDay2で、演者の一人が急遽熱中症により出演辞退することとなり、本当の意味でも未練を残す結果となりました。ちなみに上の写真は福岡公演Day4です。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231143609j:image

f:id:aoruchan501_1201:20211231143702j:image

 福岡公演の帰りは、錦川清流線の末端まで行きキハ40 1009との再会を果たしたり、岡山で乙倉の誕生日を祝ったり、福岡公演にて発表された肇ちゃんの備前焼小町就任を祝して早速備前の街へ赴いたりしました。なお肇ちゃんのポスターが貼り出されたのはこの1週間後なので、また行く必要がありますね?時期尚早だったようです。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231144147j:image
f:id:aoruchan501_1201:20211231144150j:image

 なお帰りは神戸線の人身事故や新幹線にて関東地方の地震に巻き込まれて散々な目に遭いました。新幹線の急停車が700Sで初体験となるとは思いませんでした。新幹線は三島付近で2時間弱止められ、なんやかんやあって小田原には2時間をギリギリ超える遅れで着いたため、1760円の特急券が全額払い戻しとなりました。この時はとりあえず小田原泊となりましたが、翌朝の在来線はグダグダ。府中運転会のため砂川邸まで資材を取りに行くや破産インプに便乗し、圏央道経由かつ何故か資材の積み込みを行った後高崎線の駅で下ろされ、大宮からようやく宇都宮線で帰るという稀にみる謎ムーブをかました旅行帰りでした。全部地震のせいです。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231144901j:image

 翌日行き着いたのはまたしても小田原。推し特急おたく圧巻の長編成をやるためだけに向かったようなもんです。 

 そのまま福岡公演アーカイブを見ながら夜が明け、当初は行く予定はなかった府中運転会に客としてお邪魔しました。しかし今度はこの日の午後に蕨の変電所が爆発炎上し、関東のJR在来線がまたしてもストップ。結局宇都宮まで新幹線の振替を使っての帰りとなりました。こんな短期間に2回も新幹線に特急券を払わず乗ることになるとは…。

 いずれにせよこれまでにないくらい輸送障害に巻き込まれた3日間でした。

 

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231150621j:image

f:id:aoruchan501_1201:20211231150226j:image

 この2週間後また小田原に顔を出していたようです。この日は家主の誕生日で、生誕祭も行いました。ケーキの裏にあるみんなからのプレゼントはほんの一部です。そして久々にねるねるねるね研究員の仕事も。後ろにある橘で作りました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231150819j:image

 日光色代走が常態化していたことがわかる1枚。まさかこれが黒磯ローカルから湘南色が完全に消えることになる伏線になるとは…。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231151127j:image
f:id:aoruchan501_1201:20211231151124j:image

 そして迎えた11月。免許取得のため1週間五号機の地元に泊まり込みとなりました。おそらく後にも先にも人生で一番東横インを使った1週間となることでしょう。運命のプリチャンデビューもこの時です。この頃はまだ勝手が掴めていません。毎日のようにラーメンを食ったり酒飲んだのもいい思い出です。

 そしてこの期間中のデレラジで愛知公演についての発表があり、何と年内である12月25日と26日に開催されることが決まり、更に出演者はあきら役の富田さんがDay2のみとなり、Day1にはなんと惜しくも福岡Day2欠席となった木村珠莉さんの出演が決定。福岡の未練が達成できる見込みが立ったのです。

 

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231151707j:image

 滞在中1日だけ休みの日があり、宿代が支給されなかったので、家主不在の寅さん邸にて泊まり、プリパラを6話まで視聴。その後は通勤時間などを使って神アイドルを目指す日々が始まりました。デレマス10周年を目前にしてこんな転機が訪れることになるとは思いもしませんでした。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231152316j:image

 教習が終わった後ほどなくして原宿のプリズムストーンカフェへ。今となっては10月にトライアングルがメインだった時に行けてればよかったと思いますが、その頃プの字も知らなかったので致し方無し。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231153116j:image

 またほどなくして池袋で開催していたアイドルタイムコラボカフェへ。メニューが替わって白米をおかずに白米を食べるトンデモメニューが終わってて少しがっかり。そしてこの時まだアイドルタイムまで見進められてなかったのですが、昨日全部見終わった今思うともう一回行かせてくださいというお気持ちです。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231153628j:image

 迎えた10thアニバ幕張公演ですが、キャパの狭さとあまりの高倍率で現地組がDay2の1人以外いなかったので、例によってオダパラLVが開催。大神田校長ごっこでゲラゲラ笑ってたくらいには1ヶ月未満でだいぶプリパラが広まってたみたいです。ちなみに何故か関西民のはずのかいなんさんの姿もありましたが、深くは考えないこととします。Day1は7th大阪を思い出すセトリでしたね?そしてあかり、颯、ナターリアのシンデレラマスター製作決定の連絡も。おめでとう。そしてありがとうございます。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231154120j:image

 Day1が終わり、迎えたDay2、そしてシンデレラガールズ10周年当日。例によって何かしらのライブ映像で夜更かししてた気がしますがよく覚えてません。起きたら往復ともVSEサルーン席で海老名までロマンスカーミュージアムへ遊びに行きました。この時はまだ誰もVSEが3月に引退となるとは知る由もなく…。

 セレブレーションランドと云いながらほぼグローウィングロックだったDay1に比べ、アニバーサリー当日のDay2は、開幕でなんどでも笑おうからスタートし、既にクライマックス。アニバーサリーに相応しいセトリが印象的でしたね。そして劇場アニメ化決定との知らせも。前日にシンデレラマスターの情報が来たので、まだ何か残してるのかと思ったらそういうことでした。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231154559j:image

 そしてDay3は房総公演。や破産と2人で小湊を満喫する旅へ出掛けました。キハの国のやはさんが今まで小湊にあまり触れてなかったことに違和感を覚えてましたが、今回の旅でキハ20タイプがこんな近くにに残っとるやん!という重大な事実に無事気づいたようで一安心。自分が2月に追いかけた40との再会も果たしました。(厳密には11月初めの免許学科試験時に再会出来ていましたが)

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231155508j:image

 Day3幕張現地対戦ありがとうございました!

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231155609j:image

 12月、そしてDay3から6日後のDay9も現地です。もといプリパラ、プリチャン、プリマジのウインターライブの現地で、再び幕張メッセへ。ここで初めてイベントホールへ入ってわかりましたが、思ったより狭い印象で、これはデレの幕張現地は争奪戦だわと納得。何よりこんなに早くプリのライブに来れるとは思わず、何もかも新鮮で感激。シンデレラでも活躍する声優も何名かおり、何なら2ヶ月前福岡で見た黒沢さんに、3週間後見ることとなる赤崎さんの姿も。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231161120j:image
f:id:aoruchan501_1201:20211231161208p:image

 1週間後には砂川トラベルらしからぬ砂川トラベルでワールドスクエアと湯西川温泉へ。県内なのにここ1年で一番旅行らしい旅行だったと思います。 ワールドスクエアへ行ったことにより世界を股にかけることに成功しました。沖縄の予習も出来ましたが、首里城は燃えていませんでした。温泉宿に泊まったのも久しぶりでしたね。久々にバイキングのワクワク感も味わうことが出来ました。テストプレイをしてないクソカードゲームが無法地帯過ぎて楽しかったのでいずれ尾拓羽臼にも輸入したい所存です。帰りは改正で定期運用が消えるのがほぼ確実なきりふりの350系でわざわざ大宮経由で帰宅。

 

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231170759j:image

 この日の前後で来年のダイヤ改正の概要が発表されましたが、宇都宮線黒磯ローカル区間205系どころか、231系233系を含めた全列車が131系に置き換わり、宇都宮もしくは小山で完全分断となる衝撃的な内容。グリーン車で宇都宮をスルー出来るのも、朝晩に宇都宮で乗り換えせずに大宮方面へ行き来出来るのも、そして115系から続く湘南色の電車の宇都宮〜黒磯の乗り入れさえもが終了するという、歴史的な改正となりそうです。正直205系が消えるくらいかと思っていたので、突然のこの発表には驚きました。

 

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231161849j:image

 クリスマスプレゼントと称して3DSを購入。パラチャン筐体を楽しむためのお楽しみアイテムとして必須なので導入した次第です。秋葉で1000円で売ってた写真の個体は、ソフトを入れた瞬間バッテリーが膨張したので、端子が壊れて充電できない1800円の個体からバッテリーを移植し、無事使える3DSを錬成しました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231162255j:image

 そして迎えた延期愛知公演Day1。写真は7th名古屋の打ち上げで誕生したLast Kiss(ラストオーダーのキス天)のリバイバルで注文したキスの天ぷらです。今回は自分は振り子特急を楽しむため長野経由で愛知入り。この日の行きだけ無課金名鉄を使いましたが混雑が地獄なので、以降は特別車に課金することとします。Day1のミュースカイの座席を抑えてくれたわぐちん君には感謝です。

 待ちに待ったコスモスターランド、星環世界がやっとフル尺で聴けました。Day1では、先述の通り相葉夕美役の木村珠莉さんが出演。ソロやるでしょとは言われてたものの、まさかの福岡公演の衣装であるピクシーケープを着用しての花のことば初披露。本当の意味で福岡公演の忘れ物の回収が出来て自分でもびっくり。愛知Day1の座席の位置が福岡Day2の時と同じような位置で、2ヶ月前を思い出し、そして未練が叶ってよかったねという気持ちで涙がこみ上げてきました。福岡公演Day85の日が、最高のクリスマスプレゼントとなりました。

 そして谷底のほたるはまさかの初期衣装オマージュの衣装での披露。そして7th幕張の時から更に強い気持ちが込められた歌声。そして髪型は直近のSRを意識したロング且つ赤いリボン。嗚呼

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231163643j:image

 Day2は運転会もあったみたいですが、起きた時間があまりに遅過ぎたので、安城まで行く暇がなく、名古屋でスガキヤのラーメン食べたりプリチャンしたりして多少の時間潰しをして、一特で現地へ。Day2は大天使とヘッショにやられました。風色メロディは衣装まで替えてくる前日の谷底ポジでしょうか。風になりました。そして2日とも君ステとドラメロはオリメンでの披露。大満足です。ドラメロは本来の日程ならサプライズ披露だったのでしょう。しかしDay1とDay2で披露するタイミングが最初と最後で真逆なのにはびっくりしました。

 ちなみに写真は打ち上げガシャ(物理)の様子。会場がセントレアの真横だったので、終演後駅へ向かう際にセントレアの通路を通っていたところ、ガシャポンが並ぶコーナーが。そこに我らがタカラトミーアーツのカププラの保守用車シリーズがあったので、みんなで回してゲラゲラ言ってました。

 なお終演後会場を出たら外の車に雪が積もっててびっくり。聞けば日本海側は寒波の影響で大雪らしく、彦根米原の辺りは歴史的な積雪となったようです。その影響で新幹線は翌日まで大幅な遅延を以て運行、翌朝名古屋もまとまった積雪となり、JRや名鉄などの在来線にも影響してました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231165007j:image

 Day3は、はじめは飯田線で帰ろうと思ってたところ、名鉄快特が1時間近く遅れたため、丁度いい飯田線の電車に乗り継げず。翌日の用事も思い出したので、今回は飯田線は諦め、身延線経由で帰ることに。豊橋まではパノスパの前面展望を取ったところ、ダイヤ乱れで来たのは2200系。おまけに荷物を置かれて席がないので車掌に事情を説明して、パノスパにはない0番席に座ることで何とか解決。ちなみにパノスパはセントレア行きになってましたが、後々見るとかなりのレア運用だったことが発覚。もう少しちゃんと記録しておくべきでした。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231164400j:image

 浜松から新幹線を使って静岡でふじかわに乗り継ぎ、乗継割引をきかせることで、無割引の静岡甲府間の特急料金との差額60円で新幹線課金することに成功。新幹線は時間が滅茶苦茶でしたが、短区間利用なのでこの際気にしませんでした。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231165728j:image

 甲府からかいじで新宿、そのまま中央線を乗り継ぎ秋葉原へ。この日までのVOY@GERメイキング展にギリギリ間に合うことが出来ました。

 

 翌日は宇都宮でプリチケ(要出典)の再発行申請をして、1年の活動をほぼ終えました。こうしてみると下半期の濃度が高かったですね。小田原のおうちにも大変お世話になりました。11月に転機が訪れたように、来年も思わぬ出会いがあるかもしれません。

 あと今年は自分のプラレールの新作がない年になってしまいました。何だかんだで10年以上ぶりの完成車がない年だと思います。来年は作れるかわかりませんが、新作が出来たらブログか何かでしれっと公開するとは思います。そもそも出来るかわかりませんが。

 

 

 それではみなさん良いお年を。爆速で振り返り出来たので、きっと引けるはず。フェス茄子さんが引けたらまた出雲大社に行きたいですね。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231172025j:image

 今年最後のプレゼント、届きました。

 

2021年の振り返り 前編

 今年もあと少しなので、1年の振り返りをしていきたいと思います。去年は振り返ってないというツッコミは無しでお願いします。

 

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230232712p:image

 新年1発目はほたるを引いたところからスタート。フェスほたがもう1年経つとか時の流れが爆速ロード過ぎて怖いです。1年経った今は茄子さんがフェスに来たので来年も幸先の良いスタートが切れるように新年1発目から茄子さんを引きます(31日時点54連でまだ引けず)。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230233224j:image

f:id:aoruchan501_1201:20211230233652j:image

 12月下旬〜1月上旬にかけ四国中国地方のアニメイト×アイマスフェアが開催していたこともあり、徳島をはじめとした西エリアのメイト巡りをしてました。この時徳島から岡山に行こうとしたら、低気圧か何かで瀬戸大橋が強風により鉄路も道路も通行不可になり、一時孤立しましたが、何とか渡ることは出来ました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230234030j:image

 そして、雪の砂丘見たくね?や同行者の一頭身が響子ちゃんの実家に新年の挨拶に行きたいという意向もあり、鳥取へも行きました。黎明菊と雪の砂丘でAR撮影出来て満足しました。ちなみに上の茄子さんはこれの後の撮影です。この後サンライズで一瞬帰った後小田原でHNY鑑賞会に行きました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230235247j:image

2月には誘われて変なホテル(直球)に泊まりに行ったりしてました。神やばーで六郷さんが電気ブランぐい飲みしまくってこいつ大丈夫かとなりました。結局4時近くまでデレアニの鑑賞会やっててまともに寝ずに朝を迎えたと思います。翌日は東武博物館に行ってました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231000203j:image
f:id:aoruchan501_1201:20211231000205j:image
f:id:aoruchan501_1201:20211231000208j:image

 元宇都宮のこの3両を目当てに青森秋田に行ったのは2月。烏山線からキハ40が引退し、残る元宇都宮所属車は秋田の3両のみでしたが、電気式のGV-E400導入により秋田の40系列も完全引退とのことで、改正1月前に往復高速バスを使い駆け込みで見に行ったものです。しかし、この時はまさかこの時の目当ての3両が全部綺麗に小湊に来るとは予想もしませんでしたね…。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231094934p:image

 わるなぎから1年経った3月、今度ははとなぎ登場。わるなぎの時と違って天井で迎えました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231101755j:image

 踊り子が185系から257系に完全置き換え、旅客の工臨がチキ車からキヤE195に置き換わったのも今年の3月。一時代の終わりを感じさせられました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211231102448j:image

 前半はここまで。どちらかというと後半の方が充実してたようにも感じますが、ここまでは東京暮らし。秋葉や東京駅なんかにもすぐ寄れたり、何だかんだ毎日が充実してたように感じます。下半期からは4年住んだ東京を離れ地元栃木で再スタートです。

 

 

福岡公演 Marry Marchen Land Day2

 

 2日目 美味しい朝ごはんを頂いてからむつみ関門荘さんを後にします。置いてあった醤油が甘くて九州を感じました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211003102535j:plain

 この後は九州鉄道記念館へ入ろうと思いますが、その前に小倉の東横インから来る六郷さんを門司港駅で待ちます。待ってる間、改札から見える電車が415系のみになるタイミングがあったので、思わずパシャリ。駅はエモいけど入線する電車はいまいちパッとしない印象があったので、この光景には感動しました。また来る時までに残ってたらいいですね。ここで荷物を門司港駅のロッカーに預けておきます。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230180830j:image

『何だよ!』

 

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230180951j:image

 六郷さんと合流し、満を持して九州鉄道記念館へ。新規金型485系の顔パーツの分割ラインのような485系200番台とEL2両のカットボディに迎えられて入場します。乗務員ドアがあるので製品の分割ラインと違くないか?と思ったら実車の乗務員ドアが前過ぎるという事実が判明。何故実車が間違ってるんでしょうか?

 

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230181044j:image

 フロントにはキューロクが鎮座。何かエピソードがあったはずですが忘れました。ググれば多分出てきます。

 

 

※画像準備中

 車両展示ゾーンは電留線の端っこ1本だけを借りてるような感じなので、かなり細長く、床下も少し見にくくなっています。柵がもう少し営業線側にあって、反対側から床下が見られればベストでしたがまあ見られるだけで十分でしょう。1両目は秋葉での汚職事会で前にさんざん布教されたC59D51と同じボイラーなので確かにC61と雰囲気が似ている感じがします。

 

※画像準備中

 門司駅構内交流電化前まで関門区間で活躍していたEF10。デッキ付きELですがステンレスの釜がいたことでも有名ですね。

 

※画像準備中

 こちらのキハ07 41番ですが、見に行った約2週間後の15日の、気動車として初めて重要文化財に指定されることになったとのニュースも記憶に新しいですね。キハ07自体は旧同和鉱業片上鉄道の5番と、鹿島鉄道キハ601に改造された29番が現存していますが、ライト、そして重文指定を決定づけたと思われる機械式変速機を含め原型を保っているのはこの41番だけとなります。

 この他485や715などもありますが、さっさと記事書き終えて1年の振り返りして早くフェス茄子さんを引きたいので省略します。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230182729j:image

 ここの名物でもある811系のシミュレーター。やけにしっかりした作りですが、実物大のモックアップでしょうか??出処が気になります。ちなみに京急ミュージアムにも実物大モックアップ?を使用したシミュレーターがあるみたいです。

 不審に思った方は811系のWikipediaでも見てください。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230183622j:image

 記憶に新しい流れ星新幹線のパフォーマンスの様子も。いつか野外LIVEでも使って欲しい演出です。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230183724j:image

 橋梁上でわざと停めて撮影したエピソードが有名な787系の写真も飾ってありました。この頃の九州のエピソードは885系といいぶっ飛んだものが多くて好きです。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230183940j:image

 博物館を後にして門司港名物焼きカレーを昼食に頂きます。記事執筆中も匂いとあじみを思い出して帰りたくなりました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230184139j:image

 時間も迫ってきたので駅へ向かうと、ミリシタ39トレインが。ライブに合わせた運行でしょうか?

 

 

 小倉に着いたら、そのまま会場へ行き、会場手前の歩道橋で六郷さんとお別れ。

 久々の現地ライブ、座席は前から6列目のステージ向かって右寄り。めちゃくちゃ近かったです。そして多色ペンラと眼鏡を門司港に預けた荷物の中に忘れたことに気付きますが、いまさらどうも出来ないのでこのまま会場入りします。久々の現地ライブ且つドーム以外は初めての経験。そして担当がいる初めての現地。ドキドキが止まりません。

 

そしてDay1同様、5人スタートのかぼちゃ姫と見せかけてからの出演者一人一人が1パートずつ歌唱するこれまでにない始まり方でスタート。メルヘンチックで妖しいテーマ曲だからこそ出来たことですね。そして長江里加さんがいる立花日菜さんがいる会沢紗弥さんがいるわで7th幕張の忘れ物を回収出来た気分です。

 しかし昨日と比べ、同じはずのメンバーが一人足らない様子。そして一人ずつの挨拶が始まる前に、熱中症でやむなく出演を見送るとの報がありました。あるソロ曲初披露の噂もあっただけに本人にとっても担当Pにとっても残念な結果となったことには違いありませんが、きっと本人が一番悔しがっていたことでしょう。舞台裏で聴いているとのことなので、変わらない声援…とはいっても声が出せないので出来る限りの応援をしていきます。

 そうです。HNYが無観客開催となり、愛知公演Cosmo Star Landが期限未定の延期となったので、コロナ禍以降初めてのシンデレラガールズの有観客ライブとなりました。声出し禁止でどこまでやれるのか自他共に気になるところでした。

 

 そして挨拶明け1曲目だから続いてないのに何が続いてるんですかね。7th幕張の最大の忘れ物をここ福岡の地で回収することが出来ました。最高の日曜日になったと満足していたところ、続け様にひまわりマークが泣き曲となる瞬間をこの目と耳で刻みました。多分書いていったらきりがないので、円盤の早期発売が望まれます。あとコール禁止ろまなうは絶対許さん。

 

 Shineが来ることはわかってたものの、落ちサビくらいで立花さんが目の前に来たので何をして良いかわからずただ見つめることしか出来ませんでした。最高のSundayです。眼鏡を忘れて万全ではない視力で観賞していましたが、ノー眼鏡でも表情がわかるくらいはっきり見えて感動しました。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230192155j:image

 終演後はわぐちんとらぷいらと合流してホーム上でかしわうどんを頂きました。2人は名古屋終の新幹線で帰ることもあり、駅ホーム上でかしわうどんをさっと食べて2人と別れます。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230192950j:image

 一人になった後門司港駅で荷物をとり、人がいないタイミングで写真を撮りまくります。この日以降北九州に何か忘れ物をした気がしますが、その一つが後日思わぬ形で回収出来ることが決まりますが、それはまた別の機会に。

 とりあえずホテルは小倉の会場近くにとってあるので、再び会場方面へ。

 

f:id:aoruchan501_1201:20211230222141j:image

 

 

宿ですが、何故か6人くらい泊まれるパーティールーム的な部屋を用意され、全然落ち着きませんでした。翌日からはゆっくりと帰路に就くこととします。

 

続く?